不妊 高齢出産| ホーム | 不妊 代理母




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 精子バンク

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

精子バンクと言う言葉は、最近特に意識をしていなくても耳にするようになってきました。
精子バンクの利用者が増えたため、ノーベル賞受賞者の精子だけを取り扱うところもあります。
このノーベル賞受賞者の精子で受精しても、色々なタイプの子供が生まれ、ノーベル賞受賞者は、生まれていないようです。


最近では、特に意識をしていなくても、耳にする事が多くなった「精子バンク」。
これは、アメリカのアイオワと日本の東京で1964年に誕生したのが始まりとされています。
提唱者は、ハーマン・J・ミュラーで、元々は不妊に悩む人の人工授精のためにと作られました。
しかし、このシステムによって、我が子に求める性質を精子の段階で選ぶ事が出来るようになるとされ、話題を呼びました。

それから少し後、1980年には「精子バンク」の利用者が増え続けるに従って、ノーベル賞受賞者だけの精子を取り扱う「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」というものが、ロバート・グラハムによって開設され、さらに注目を集めました。
これらを利用すれば、天才児を金銭さえ払えば手に入れる事が出来ると考えられ、優生学や人種差別に関わってくるのではという声も上がっています。

ですが、ある書籍によれば、
「結果的には同じノーベル賞科学者はノーベル賞科学者の精子によって出産しても生まれ無かった。ある程度優秀な子であったり、道を踏み外す子であったりと様々なタイプが出来、すべての子が天才だったという訳では無かった」
といった内容の記述がありました。
確かに、賢い親からは賢い子しか生まれないとは考えにくいですし、美醜についても同じです。

不妊症により、どうしても自分と遺伝子的繋がりのある子が欲しいといった場合の利用には、画期的といえるでしょう。
だけど、能力の高い子が欲しい、などといった理由でこれらを利用するというのは、あまり利口ではないかもしれません。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊 高齢出産| ホーム | 不妊 代理母
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。