不妊 代理母| ホーム | 不妊 不妊コミュニティに参加してみる




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 人工授精で不妊症の治療

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

人工授精とは、不妊症の治療の一つです。
人口受精が有効的な不妊症の治療法であった場合、大体80%が3回以内に妊娠に成功しているそうです。
ただし、人工授精は、全ての不妊症の症状に合った治療法ではないようです。


不妊症治療の一つに、人工授精があります。
人工授精とは、妊娠しやすい排卵日に、男性のマスタベーションで採取した精液を濃縮して、柔らかいチューブ(カテーテル)などを使って、濃縮した精液を子宮内に注入するという方法です。

注入に必要な時間は、およそ1~2分で、痛みもありません。
また、かかる費用も五千円~三万円ほど(産婦人科によって異なる)と比較的安いため、不妊症治療の中では、比較的試しやすい方法でしょう。

ただし、人工授精が使えるのは、
・精子数が少ない(あまり少なすぎると顕微鏡受精になる可能性も)
・運動率に問題がある
・頚管粘流に問題があり、充分な精子が子宮腔内に進入できない
・性交障害がある
などのケースです。

人工授精が有効な治療法だった場合は、80%は三回以内に妊娠に成功できます。
四回以上人工授精を試しても妊娠できない場合は、他の不妊治療も考えた方がいいかもしれません。
人工授精は、夫婦の年齢が若いほど妊娠成功率が上がりやすいです。
だから、なるべく早くトライするのがオススメです。

子宮に注入する精子に不純物が混じっていると、発熱などの副作用を起こすこともあります。
そのため、なるべく精液の洗浄処理技術の高い産婦人科を選ぶとよいでしょう。
人によっては、腹痛が起こることもあるようです。
しかし、副作用が起きたとしても、一過性のものなので心配はいりません。

配偶者間での人工授精が一般的です。
でも、男性側に要因があり、絶対に妊娠が望めない場合には、非配偶者間人工授精を行う場合もあるようです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊 代理母| ホーム | 不妊 不妊コミュニティに参加してみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。