不妊 不妊コミュニティに参加してみる| ホーム | 不妊 習慣性流産について




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 東洋医学で不妊治療

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊で悩んでいて、西洋医学での治療を検討しているのでしたら、東洋医学も検討してください。
東洋医学での不妊治療は、身体全体の不調を整えることで、体質を改善します。
医師に相談すれば、西洋医学での不妊治療を受けながら、東洋医学での不妊治療を受けることもできるようです。


西洋医学での不妊治療をする前に、東洋医学での不妊治療を試してみてはいかがでしょうか。
東洋医学では、不妊の原因を四つのタイプに分けています。
・栄養不足で血が足りない「血虚」
・エネルギーである気が足りない「気虚」
・ストレスなどで気が滞っている「気滞」
・冷え性である「寒滞」
です。
人によっては、これらの複数の原因が重なって、不妊に陥っていることもあるでしょう。

医師に相談すれば、西洋医学での不妊治療を受けながら、東洋医学での不妊治療を併用することもできます。
東洋医学では、体全体の不調を整えることで、不妊の体質を改善していきます。
具体的な治療法としては、食生活や生活習慣の改善、漢方薬の服用、鍼灸治療などです。

ですが、医師の中には、東洋医学での不妊治療に否定的な人もいるようです。
そのため、その医師の治療方針によっては、東洋医学との併用が難しいこともあるかもしれません。

米国生殖医療学会誌の2002年4月号に掲載された研究報告では、体外受精(IVF)を受ける女性を二つにグループ分けし、片方のグループにのみ、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を行ったところ、通常26.3%程度の妊娠率が42.5%に上がったそうです。

また、2008年2月の英国医師会誌には、体外受精(IVF)を受ける女性が、鍼治療を併用すると、妊娠の確率が65%高くなるという記事が掲載されました。

このように、東洋医学の有効性が、科学的にも証明されつつあります。
もし、西洋医学で色々な検査をしてみても、不妊の原因がはっきりしない時などは特に、東洋医学を試してみてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊 不妊コミュニティに参加してみる| ホーム | 不妊 習慣性流産について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。