| ホーム |




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 高齢出産

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

高齢出産は、有名芸能人が挑戦したり、そのことを色々なマスコミが取り上げたりしているので、意外と身近に感じられる問題ではないでしょうか?
ある程度の年齢になっても、自分の子供が欲しいとチャレンジする人も増えているようです。
その高齢出産とは、どのようなことなのでしょうか?


今では、有名芸能人が何人も挑戦していたり、色々なメディアによって取り上げられたりと、割と身近に感じる事が多くなった高齢出産。
年を重ねても自分の子どもが欲しいと考える人が、諦める事なく妊娠・出産に挑む事も、最近では非常に多くなりました。
高齢出産は、35歳を過ぎるとリスクがかなり高くなるとされています。
でも、35歳で急にリスクが高くなるのではなく、30歳を超えたあたりから少しづつ高まっていきます。

高齢出産は、体力的な問題や、流産・死産の可能性が増加する事などはもちろん、たくさんの不安要素は否めません。
特に、染色体異常の発生率の増加においては、心配される人が少なくないでしょう。
これは、女性が胎児の頃に卵子が出来、卵巣の中で受精まで待機している事が大きく関わっていると考えられています。
待機期間に母体が受ける汚染は、同時に卵子にも有害であるため、染色体に影響を及ぼす事は否定出来ないのです。

とはいえ、精子が原因で染色体異常を起こす事ももちろんあります。
ですから、一概には言えません。
また、このようなリスクだけでなく、高齢出産には精神的・金銭的にゆとりが持てる、などのメリットもあります。
高齢出産を何よりも「贅沢な生き方」だと受け止め、幸せを噛みしめている方も多いのです。

価値観によって意見が分かれる高齢出産。
しかし、周囲の理解は、大きな支えになるかと思います。
もしも近くに挑戦する人がいたなら、きっと充分すぎる程不安と闘って決断に至ったかと考えられます。
出来るならばただ、応援してあげて欲しいと願うものです。

スポンサーサイト

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。