| ホーム |




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 習慣性流産について

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

習慣性流産をご存知でしょうか?
赤ちゃんが出来ない、不妊も辛いと思います。
しかし、折角できた赤ちゃんを流産することは、もっと辛いと思います。
でも、習慣性流産を適切な治療で克服して、赤ちゃんを授かるケースも少なくないようです。


不妊以上に女性を悩ませるものが、習慣性流産です。
赤ちゃんができない不妊も辛いものです。
しかし、流産も同じくらいか、それ以上に辛いと思います。

習慣性流産とは、三回以上続けて流産することをいいます。
だから、人によっては辛さのあまり、次回の妊娠を諦めてしまうこともあるようです。
習慣性流産に似た表現に不育症があります。
でも、不育症は、流産だけではなく早産や死産も含みます。

一度流産を経験すると、二度目の妊娠の確率は約84%になり、流産率は約16%になります。
二度流産を経験すると、三度目の妊娠の確率は約75%になり、流産率は約25%です。
三度流産を経験すると、四度目の妊娠の確率は約55%になり、流産の可能性は約45%です。
、 もし、四度流産したら、五度目の妊娠の可能性は約46%なのに対し、流産の可能性は約54%と、過半数を超えてしまうのです。
このように、妊娠できる確率はどんどん減っていき、逆に、流産してしまう可能性が上がっていきます。

この数値は、あくまでも目安です。
しかし、二回以上、思い当たる原因がないのに流産した場合には、習慣性流産の検査を受けた方が良いでしょう。
もし有効な治療があれば、受ける必要があるでしょう。
適切な治療を受けることで、習慣性流産を克服し、元気な赤ちゃんの出産できるケースも少なくありません。

習慣性流産の検査は、流産後、すぐに行うことができます。
でも、習慣性流産の検査や治療の一部は、健康保険の適用外です。
だから、予めかかる費用を確認してから、産婦人科に行くことをオススメします。

スポンサーサイト

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。