| ホーム |




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 子宝寺

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

前回は、子宝神社を紹介しました。
では、鬼子母神堂・寛永寺はどうでしょう?
両方とも、有名な子宝寺です。
今回は、子宝寺を紹介します。


不妊かなと思ったら、子宝寺で子授かり祈願をするのも効果があるものです。
お参りなんて・・・
と思うかもしれません。
でも、参拝したその月に妊娠したという人も少なくありません。

高額な不妊治療を試す前に、行ってみることをオススメします。
妊娠できたら、ちゃんとお礼参りにも行きましょう。
参拝だけでなく、子授かり祈願もしたい時には、事前に連絡をして予約をとっておくと確実です。

まずは、子宝寺としてとても有名な、東京都の雑司ヶ谷にある鬼子母神堂を紹介したいと思います。
参拝の後、ざくろの絵馬を持ち帰って、東から南に向けて飾ると子宝に恵まれるといわれているそうです。
寝室に置くとよいともいわれています。
もちろん、絵馬に願い事を書いて奉納してもいいでしょう。
ここで子授け祈願をしたら、その月に妊娠できたという人もいるくらい霊験あらたかなので、参拝するだけで気分がよくなるという人も多いお堂です。

上野公園の中にある、寛永寺の清水観音堂は人形供養でも有名で、二千円で子授けのお札を受けることができます。
この子授けのお札は、毎日お水を供え、「おつとめの文」を七回唱えるなどのおつとめを行う必要があり、おつとめができない人には売っていただけないお札です。
毎日のおつとめは面倒でも、その分ご利益があるようで、子授け観音様の横の棚には、出産後に子供の身代わりとして奉納する慣わしの人形がたくさん置かれています。

子宝寺に参拝に行く時には、なるべく夫婦揃って、デートや旅行気分で行くのがいいでしょう。

スポンサーサイト

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。