| ホーム |




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 人工授精で不妊症の治療

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

人工授精とは、不妊症の治療の一つです。
人口受精が有効的な不妊症の治療法であった場合、大体80%が3回以内に妊娠に成功しているそうです。
ただし、人工授精は、全ての不妊症の症状に合った治療法ではないようです。


不妊症治療の一つに、人工授精があります。
人工授精とは、妊娠しやすい排卵日に、男性のマスタベーションで採取した精液を濃縮して、柔らかいチューブ(カテーテル)などを使って、濃縮した精液を子宮内に注入するという方法です。

注入に必要な時間は、およそ1~2分で、痛みもありません。
また、かかる費用も五千円~三万円ほど(産婦人科によって異なる)と比較的安いため、不妊症治療の中では、比較的試しやすい方法でしょう。

ただし、人工授精が使えるのは、
・精子数が少ない(あまり少なすぎると顕微鏡受精になる可能性も)
・運動率に問題がある
・頚管粘流に問題があり、充分な精子が子宮腔内に進入できない
・性交障害がある
などのケースです。

人工授精が有効な治療法だった場合は、80%は三回以内に妊娠に成功できます。
四回以上人工授精を試しても妊娠できない場合は、他の不妊治療も考えた方がいいかもしれません。
人工授精は、夫婦の年齢が若いほど妊娠成功率が上がりやすいです。
だから、なるべく早くトライするのがオススメです。

子宮に注入する精子に不純物が混じっていると、発熱などの副作用を起こすこともあります。
そのため、なるべく精液の洗浄処理技術の高い産婦人科を選ぶとよいでしょう。
人によっては、腹痛が起こることもあるようです。
しかし、副作用が起きたとしても、一過性のものなので心配はいりません。

配偶者間での人工授精が一般的です。
でも、男性側に要因があり、絶対に妊娠が望めない場合には、非配偶者間人工授精を行う場合もあるようです。

スポンサーサイト




不妊 東洋医学で不妊治療

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊で悩んでいて、西洋医学での治療を検討しているのでしたら、東洋医学も検討してください。
東洋医学での不妊治療は、身体全体の不調を整えることで、体質を改善します。
医師に相談すれば、西洋医学での不妊治療を受けながら、東洋医学での不妊治療を受けることもできるようです。


西洋医学での不妊治療をする前に、東洋医学での不妊治療を試してみてはいかがでしょうか。
東洋医学では、不妊の原因を四つのタイプに分けています。
・栄養不足で血が足りない「血虚」
・エネルギーである気が足りない「気虚」
・ストレスなどで気が滞っている「気滞」
・冷え性である「寒滞」
です。
人によっては、これらの複数の原因が重なって、不妊に陥っていることもあるでしょう。

医師に相談すれば、西洋医学での不妊治療を受けながら、東洋医学での不妊治療を併用することもできます。
東洋医学では、体全体の不調を整えることで、不妊の体質を改善していきます。
具体的な治療法としては、食生活や生活習慣の改善、漢方薬の服用、鍼灸治療などです。

ですが、医師の中には、東洋医学での不妊治療に否定的な人もいるようです。
そのため、その医師の治療方針によっては、東洋医学との併用が難しいこともあるかもしれません。

米国生殖医療学会誌の2002年4月号に掲載された研究報告では、体外受精(IVF)を受ける女性を二つにグループ分けし、片方のグループにのみ、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を行ったところ、通常26.3%程度の妊娠率が42.5%に上がったそうです。

また、2008年2月の英国医師会誌には、体外受精(IVF)を受ける女性が、鍼治療を併用すると、妊娠の確率が65%高くなるという記事が掲載されました。

このように、東洋医学の有効性が、科学的にも証明されつつあります。
もし、西洋医学で色々な検査をしてみても、不妊の原因がはっきりしない時などは特に、東洋医学を試してみてください。





不妊治療

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊検査をして不妊の原因が分かったら、いよいよ不妊治療です。
不妊治療は、本人が希望しない治療法は行われないので、安心です。
しかし、不妊治療にはリスクも伴うものもあるそうです。
不妊治療について、少しでも知識があった方が良いでしょう。


不妊の原因が不妊検査でわかったら、不妊治療を行います。
といっても、本人が希望しなければ、望まない不妊治療はされないので、安心してください。
治療方法によっては、リスクがあることもあります。
事前にしっかりと説明を受け、疑問に思うことがあったら積極的に質問しましょう。

例えば、不妊治療では、排卵誘発剤がよく使われます。
しかし、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群になってしまう可能性もあります。

不妊検査と治療を兼ねたラパロ(腹腔鏡手術)では、お腹に小さな穴を開けて、妊娠できない理由を精密に検査します。
卵管の癒着や子宮内膜症などの原因が発見できた場合は、同時に治療も行います。
手術を受けた後の数ヶ月は、妊娠しやすくなるでしょう。

初歩的な不妊治療としては、タイミング療法があります。
基礎体温をつけて排卵のタイミングを知り、妊娠しやすいタイミングで性交を行うというものです。
もっと正確に排卵の有無を調べたい時には、排卵検査薬を使うといいかもしれません。

ただ、排卵してから性交してもタイミング的には遅いので(卵子の寿命は8時間程度しかない)、排卵を予測して性交するのがよい、とされています。
精子の寿命は、二日から三日といわれています。
ですから、排卵期に入ったら一日か二日おきくらいに性交しておきたいものです。
(毎日だと精液中の精子量や運動率が減少してしまう可能性が高くなります)

タイミング療法は、手間がかかります。
しかし、それほど費用がかからず、効果が高い不妊治療法です。
ただ、いくら子供がほしいと思っていても、決められた日や人にいわれて性交するのを好まない男性が多いです。
そのことに注意と工夫が必要でしょう。


■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。