| ホーム |




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不妊 対策グッズ

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

不妊症は、一体何が原因なのでしょうか?
妊娠を望んでいるカップルの10%近くが不妊症で悩んでいるそうです。
人によって不妊の原因は、色々あります。
医療が介入する事でしか治療できない事も多いようです。


不妊症とは、一体何が原因で起こるのでしょうか。
避妊を2年以上していないのに妊娠に恵まれないケースを、WHOでは不妊と定義しているようです。
日本では、妊娠を希望するカップルが、2年間の性生活により妊娠に恵まれる可能性は、90%とされています。
ですので、妊娠を望むカップルのおよそ10%が、不妊症と考えられています。

また、不妊の原因が、
・女性に問題があるケースが40%
・男性に問題があるケースが40%
・両方に問題があるケースが15%
・原因不明が5%
といわれています。

不妊の原因は、人により様々で、医療が介入する事でしか治療できないことも多くあります。
ですが、一部では、女性に多くみられる「冷え症」が、不妊の原因であるという意見があります。
そして、冷え性を改善すれば、多くの問題が解決出来る可能性が挙げられています。

もし冷え症が原因であれば、サプリから足湯、血行を良くするものなど、たくさんのグッズがあります。
病院治療では、妊娠が不可能かと思われていた人たちが、これらの対策グッズを使い、自然妊娠したという例も多々あります。

現在の医療では、すべての不妊の原因の特定は、不可能とされています。
しかし、もしも病院に通う事に抵抗がある場合や、医療での改善が思わしくない場合、これらの対策グッズやセルフ療法で冷え性を治してみるのも、効果的かもしれません。

これらの対策グッズですと、病院に通うために必要な費用も、精神的・身体的負担も軽減出来る可能性も高いです。
もし、こういった方法に興味が湧いた人は、1度調べてみてください。

スポンサーサイト




不妊 産み分け

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

昔から、産み分けと言う言葉は使われています。
産み分けには、信じ難い話まで含めて、様々な方法があります。
産婦人科では、産み分けの指導を行っているので、迷いがある場合などは相談してみるのも良いと思います。


産み分けという言葉は、昔からよく耳にします。
一括りに「産み分け」といっても、
・食事によるもの
・性交によるもの
・科学的なもの
・衣類によるもの
などなど、言い伝えのようなものから信じ難いものまで、多種多様なものが存在します。

それらには、怪しげなものもあり、反対に成功者がたくさんいるものもあります。
どれが1番成功するのかなどは、一概には言えません。
しかし、「成功例があるものだったら、とりあえずなんでも試す。」
なんていう方法も、案外上手くいくかもしれません。

また、多くの産婦人科では、産み分けの指導を行っています。
ですから、両親が希望すれば、相談に乗ってもらう事が出来ます。
病院だからといって、100%成功するといった事はありません。
でも、悩み相談などでも可能ですので、迷いがある場合などは、それらを利用するのも良いかもしれないですね。

「赤ちゃんは男であろうが女であろうが、健康に生まれてくれさえすれば、どちらでも良いじゃないか。
天からの授かり物なのに人が操作するのか。」
といった意見も、少なからずあります。
このような考え方も、間違いではないでしょう。

ですが、産み分けを望む人もそうでない人も同じように、どちらでも可愛い我が子に変わりはない、そう思っているのです。
しかし、その上で、もしも選べるのなら・・・と願うのは自然な事であり、おかしい事ではないのではないでしょうか。
決して希望の性別でなければいらないとか、可愛がらないとかそういった思いで取り組んでいるのではない事だけは、否定派の人にも理解しておいて頂きたいと思う所です。





不妊 養子

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

養子縁組をどう思いますか?
欧米では、偏見や抵抗無く養子縁組がされています。
日本でも、不妊で悩んでいて、養子縁組を希望している人が多いと思います。
しかし、公的な斡旋団体の場合だと、条件が厳しくて、なかなか養子縁組がまとまらないようです。


今や欧米では、まったくと言って良い程、偏見や抵抗などが無い養子縁組という選択。
白人夫婦が、黒人の子どもを連れ歩く姿も、珍しい事ではないまでに、一般に浸透しています。
ですが、現在の日本では、まだまだそこまでは至っていないのが現状です。

養子縁組を希望している人が多いにも関わらず、ネガティブなイメージが残っている、というだけで不幸な境遇を持つ子ども達を救いきれないのだとしたら、それはとても悲しい事です。
また、例え養子縁組を決意したとしても、公的な斡旋団体の場合、夫婦どちらかが25歳~60歳であり、部屋は台所と分かれていて最低2室10畳、育児に専念する大人が1人以上いる事など、細かい条件が設けられていて、それらを全部クリア出来なくてはいけません。

つまり、共働き夫婦だけの世帯は、公的な斡旋団体からの養子縁組は、不可となる訳です。
これは、養子や里子、どちらにせよ、保育園などの機関に預ける事が出来ないようになっている事が原因です。
このように、養子や里子制度を利用するには、出産によって子どもを迎えるよりも色々と課題は多く、里親登録するだけでも一苦労です。
その上倍率もとても高く、相当の待ちを覚悟しなくてはなりません。

ここまで大変だったら、躊躇しますか?
それでしたら、それで仕方ありません。
どんなに硬い決断で望んでも、実際に子育てを始めれば、大変さは想像以上です。
誰だって心が揺らぎます。

このような事を考えれば、選考のためのハードルの高さも、意図はどうあれ、どんな苦労もいとわない程に子供を望む家庭を、子どもに与えるためには必要な事ともいえるのです。





不妊 高齢出産

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

高齢出産は、有名芸能人が挑戦したり、そのことを色々なマスコミが取り上げたりしているので、意外と身近に感じられる問題ではないでしょうか?
ある程度の年齢になっても、自分の子供が欲しいとチャレンジする人も増えているようです。
その高齢出産とは、どのようなことなのでしょうか?


今では、有名芸能人が何人も挑戦していたり、色々なメディアによって取り上げられたりと、割と身近に感じる事が多くなった高齢出産。
年を重ねても自分の子どもが欲しいと考える人が、諦める事なく妊娠・出産に挑む事も、最近では非常に多くなりました。
高齢出産は、35歳を過ぎるとリスクがかなり高くなるとされています。
でも、35歳で急にリスクが高くなるのではなく、30歳を超えたあたりから少しづつ高まっていきます。

高齢出産は、体力的な問題や、流産・死産の可能性が増加する事などはもちろん、たくさんの不安要素は否めません。
特に、染色体異常の発生率の増加においては、心配される人が少なくないでしょう。
これは、女性が胎児の頃に卵子が出来、卵巣の中で受精まで待機している事が大きく関わっていると考えられています。
待機期間に母体が受ける汚染は、同時に卵子にも有害であるため、染色体に影響を及ぼす事は否定出来ないのです。

とはいえ、精子が原因で染色体異常を起こす事ももちろんあります。
ですから、一概には言えません。
また、このようなリスクだけでなく、高齢出産には精神的・金銭的にゆとりが持てる、などのメリットもあります。
高齢出産を何よりも「贅沢な生き方」だと受け止め、幸せを噛みしめている方も多いのです。

価値観によって意見が分かれる高齢出産。
しかし、周囲の理解は、大きな支えになるかと思います。
もしも近くに挑戦する人がいたなら、きっと充分すぎる程不安と闘って決断に至ったかと考えられます。
出来るならばただ、応援してあげて欲しいと願うものです。





不妊 精子バンク

■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

精子バンクと言う言葉は、最近特に意識をしていなくても耳にするようになってきました。
精子バンクの利用者が増えたため、ノーベル賞受賞者の精子だけを取り扱うところもあります。
このノーベル賞受賞者の精子で受精しても、色々なタイプの子供が生まれ、ノーベル賞受賞者は、生まれていないようです。


最近では、特に意識をしていなくても、耳にする事が多くなった「精子バンク」。
これは、アメリカのアイオワと日本の東京で1964年に誕生したのが始まりとされています。
提唱者は、ハーマン・J・ミュラーで、元々は不妊に悩む人の人工授精のためにと作られました。
しかし、このシステムによって、我が子に求める性質を精子の段階で選ぶ事が出来るようになるとされ、話題を呼びました。

それから少し後、1980年には「精子バンク」の利用者が増え続けるに従って、ノーベル賞受賞者だけの精子を取り扱う「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」というものが、ロバート・グラハムによって開設され、さらに注目を集めました。
これらを利用すれば、天才児を金銭さえ払えば手に入れる事が出来ると考えられ、優生学や人種差別に関わってくるのではという声も上がっています。

ですが、ある書籍によれば、
「結果的には同じノーベル賞科学者はノーベル賞科学者の精子によって出産しても生まれ無かった。ある程度優秀な子であったり、道を踏み外す子であったりと様々なタイプが出来、すべての子が天才だったという訳では無かった」
といった内容の記述がありました。
確かに、賢い親からは賢い子しか生まれないとは考えにくいですし、美醜についても同じです。

不妊症により、どうしても自分と遺伝子的繋がりのある子が欲しいといった場合の利用には、画期的といえるでしょう。
だけど、能力の高い子が欲しい、などといった理由でこれらを利用するというのは、あまり利口ではないかもしれません。


■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。